カテゴリー別アーカイブ: ミスショット矯正練習ドリル

手打ちと体重移動を修正 オーバーザトップ練習ドリル

これらは主にオーバーザトップの矯正ドリルです。定義はこちらをご覧ください。オーバーザトップ

ステップドリル

上半身よりも下半身の動きを強調しながら、意識してスイングをします。上級者のほとんどは下半身からダウンスイングが始まっているという事実があります。

1、通常のアドレスを取ります。
2、バックスイングの前に右足を左足に揃えます。(両足を揃える)
3、バックスイングを開始して、トップを完成させます。
4、ダウンスイングに入る前に左足をアドレスの元の位置に戻し(足を開く)、出来るだけスムーズにそのままスウィングします。

ポイントは、メリハリをつけて、動きを強調することと、ステップするまで肩は戻さない(開かない)。

 

続きを読む

フックの直し方のドリル

フックボールの定義:フックボールとは、インパクト時に目標線方向に対して、フェースが左を向いているため、ボールが飛び出した後に左へ曲がって行くことを言います。

フックボールはスライスに比べ距離が出やすいため、極端な曲がりはOBなど大きなミスに繋がりやすいので、強すぎる傾向の方はしっかりとポイントを押さえましょう。

 

ヘッドリリースドリル

よく頭をインパクトでは動かさないように指導されることが多いと思いますが、それも極端すぎるとミスを誘発する原因なります。

インパクトで頭を動かさないように注意しすぎて、肩の正しい回転ができず、フックさせるゴルファーが多いので、その気持ちを少し緩和させてみて、ボールがどのように飛ぶか確認してみましょう。

1、まず背骨の前傾角度を意識しましょう。
2、前傾角に注意しながら、背骨と頭を一緒に回転させます。軸が倒れたり、動かなければ頭は動いても問題ありません。

※肩の回転をスムーズにするために頭も一緒に回すようにします。(アニカソレンスタム選手が参考になります)

 

続きを読む

ピッチショットの練習法(上げるアプローチ上達)

ピッチショットの定義:ピッチショットとは俗に言う上げるアプローチで、空中を飛んでいる距離の方が長いアプローチのことです。

ここではピッチショットの練習、または矯正方法を紹介しています。グリーンを狙うショットであり、直接スコアに繋がる大切なショットなので練習はもちろん、ミスが続く場合を考え、しっかりと矯正法も抑えましょう。

 

ボールトスドリル

クラブなしでボールを右手に持ってグリーンへピンに届くようにアンダースローで投げることで、距離感をつかみやすくなります。プレー中でも使えるテクニックで、距離感に悩む人は是非試してください。

※色々な距離で試しましょう。、ピッチショットに必要な動きとスピードを体感していきます。

 

右手ウェッジドリル

利き手の関係で右手が器用な人が多いのですが、うまく動いていないため、アプローチに難がある人が結構います。

1、短い距離のピッチショットのアドレスをとって、右手だけでスウィングすることで、柔らかく静かな手の動きを体感しましょう。

 

インパクトポジションドリル

ショットでもアプローチでもインパクトの身体のイメージを持つことが重要です。

1、アドレスの姿勢から体重をかけ、インパクトポジションをとちます。
2、右かかとを上げて、ボールを押し出すようにスウィングします。

※短い距離のピッチショットでは右足の動きは必要ありませんので、余分な動きをなくしていきます。

 

高さと距離のドリル

ボールの高さと距離をイメージすることは非常に大事なポイントです。
高さの異なる障害物をおいて色んな距離からアプローチすることによって、飛球線などボールのイメージを出すように出来るドリルです。

※色んな弾道のショットを身につけると様々な状況から寄せていくことが出来るようになります。

 

硬い地面でのドリル

硬い地面ではボールをうまく打たないと、バンスがはねてしまったり、悪いイメージがスムーズなスイングをさせてくれないことがあります。このドリルはメンタル的な要素を鍛えることにもなります。

硬い地面から中距離のウェッジショットを練習することでボールをきれいに捉える練習になります。
成功すれば通常の地面から打つことが簡単だと思える、恐怖感克服のイメージトレーニングになります。

 

右手を離すドリル

上げようと意識しすぎてすくい打ちをしている人は少なくありません。

1、体の左側の使い方を覚えるため、インパクトで右手を離します。これはピットショットですくいうちしてしまうのに効果的な練習です。

※右手によるすくい打ち防止ドリルです

 

ダブルオーバーラップグリップドリル

こちらも右手のすくい打ちを防止するドリルになりますが、それほどすくい打ちはアプローチのミスを誘発する打ち方とうことです。

通常のオーバーラップグリップは、右手小指と左手人差し指を絡ませますが、右手の小指だけでなく、薬指から絡ませるようにグリップすることで右手の余分な動きを抑えます。

※右手によるすくい打ちをなくすドリルです。

スライスを直す方法

スライスの定義:スライスは、インパクト時にフェースが目標線方向に対してスクエアではなく、開いているため、ボールに回転がかかり、打球が飛んだ後に右へボールが曲がって行くことをいいます。(右打ちの場合)

スライスを直すには、一般的にドリルと呼ばれる練習をします。
練習ドリルですね。

ここではいくつかのドリルを紹介します。役に立つと実感できる人とそうでない人がいることはもちろんですが、一度は是非試してみてください。

 

スプリットハンドドリル

両手を離してグリップしてスイングすることで、クラブヘッドがターンすることを体感するドリルです。

1、左右のグリップを3cm程度離してグリップします。
2、スイングし、ダウンスイング中にインパクトゾーンで右手でヘッドのトウ(先)をヒール(ネック側)よりも先行させていることを意識します。

ポイント※意識してヘッドでボールを打ち抜く意識を持ちましょう。

 

左側に壁を作るドリル

左側に壁を作るという言葉を耳にしたことがある方もいるでしょう。
左側に壁を作ることは、インパクト時に肩が開くことで同時にフェースが開く為に起こるスライスを防ぐのが目的です。

1、左足つま先を右足に向けて(内股気味)アドレスします。
2、この状態でスウィングすることで、左足がロックされてインパクト時に起こる肩が開き過ぎが緩和されます。

ポイントこうしてダウンスイングの初期の段階で、左足、左腰の動きを抑え、両手、両腕がクラブヘッドを正しくリリース、左に壁を作ってボールを打ち抜く感覚を身につけることが出来るようになります。

 

ドライバーローテーションドリル

スイングとは回転運動であり、回転できずにスウェイしているだけの人がいます。一生懸命腕だけを振っても、インパクト時にフェースが開き過ぎになりやすいので、回転する動きをこのドリルでは身に付けます。

1、左足を目標方向へ向け、体重を右足にほとんど載せた状態でアドレスします。
2、下半身のポジションを変えず、体重移動を全く行わずにフルスイングすることで、正しい回転運動からのインパクトの感覚を身に付けます。

ポイント
※正しい円運動でスウィングしていることを実感する。
インパクトゾーンでは、ヘッドが水平に戻り、上昇角を描きながらボールに向かいます。スンニングの最下点がボールになるようにしましょう。
左へスウェイするのを防ぐ効果がある。

 

左手親指と人差し指でグリップするドリル

左手が固まりすぐてロックされた状態で正しくリリースが行えない方がいます。左手と右手の力の入れ具合を掴みましょう。

1、右手は通常のグリップで握ります。
2、左手は親指と人差し指だけでグリップします。
3、そして通常通りのスウィングします。

※左手に力が入りすぎたり、緊張させすぎたりすることでクラブを正しくリリースすることが困難になっている場合があります。リリースが正しく行える力加減をも身につけることで、ボールのつかまり(正しいインパクト)が良くなるでしょう。

※正しいリリースを体感する。

 

背面打ち

後ろ向きに立って、ボールを打ちます。初めはうまく打てないことが多いでしょう。リリースが早すぎるとうまく打てない場合が多いので、極端に言えばインパクトまで手首を伸ばさないようにする位がちょうどいいように思います。この練習は実際の効果が分かるには時間がかかる練習ですがかなり効果的です。

腰の回転、腕の振り方が身に着くドリルですが、練習場で一人で行うと恥ずかしいと思う方もいるかもしれません。誰かと一緒の時は、遊び感覚で実践してみましょう。

この練習は1日の練習ので30球くらはず取り入れてください。

 

トゥアップトドリル

このドリルは7番アイアンで行うドリルです。スイング中のポイントをオンプレーンスイングでは定義でしてありますが、オンプレーンスイングでいうハーフウェイバックでは、どのようなフェースの向きをしているかを確認します。そして、その反対の位置でも同じようにフェースの向きを確認して、スイング中のクラブの正しい動きを身に付けます。

1、まず普通に7番アイアンでアドレスをとります。
2、シャフトが地面と並行になる9時の位置でまでテークバックします(ハーフウェイバック)。
3、9時の位置でトゥは上をむいており、フェースが背筋の前傾角度を同じになっているようにします。
4、ダウンスイングをテークバックと同じ形、同じペースで行います。
5、フォロースルーで3時の位置で止め、トゥがバックスイングと同じ上を向いているか確認をします(フォロースルー)。

左右対称に近い動きが出来ていれば問題ありません。ゆっくりした動きの中で、正しいスイングを身につけるドリルです。

※ヘッドスピードを抑え、ボールを遠くへ飛ばさないのがこつです。あくまでも芯でボールを汚捉えることだけに集中してください。(目安5y~10y)

 

トゥインドリル

視覚に誇張して覚えるドリルで、極端な姿勢で身体になじませるのが目的です。

1、通常のアドレスとグリップでクラブを90度回転させヘッドのトゥをボールに向けます。トゥでボールを打つような感じです。
2、この状態をインパクトで実現するように意識します。

※誇張して視覚に訴え、インパクトでこの形を実現するイメージを強く持ちましょう。インパクトでは完全にフェースが返っているイメージです。

 

アドレスとインパクトの位置のドリル

アドレスのポジションがすべての結果を決めると言っても過言ではありません。ボールを芯で打つためにはアドレスのポジションへ戻すことが重要であるからです。インパクトでのイメージをしっかりと持つようにしましょう。

正しいインパクトイメージは成功率を高めます。

 

左手のリリースドリル

スライスに悩む人は、インパクトからフォローまでがスムーズに行われていない場合が多いです。ヘッドは返り、正しいフォローするを体感するためのドリルです。

1、ミドルアイアンを使って何度かスウィングします。
2、次にインパクト直前に右手を離して左手に自然なフォロースルー体感します。

※左手は伸ばし続けるのではなく、バックスイングにおける右手と同じ動きをします。手首の角度やフェースの向きなど、左右対称と考えていいです。
スリークォータースルーでグリップエンドは目標線前方を指しているかしっかりチェックしましょう。

インパクトではクラブフェースが目標線に対してスクエアになっているか確認です。

 

両足を揃えてスウィングするドリル

このドリルは身体の不必要な力みを抑えてスイングすることを体感します。

1、ミドルアイアンで両足を揃えてスウィングします。
2、腕の力みがなければスムーズなダウンスイング、インパクト、フォロースルーができます。
3、ふらついたり、体のバランスが悪くないかを確認します。
4、ハーフウェイバックとハーフウェイスルーでフェースの角度が前傾角と同じか確認します。(9時と3時)

※不必要な体の動きをなくし、体の一体感を感じながら自然に強くボールが打てるようになるまでやりましょう。

 

魔法のじゅうたんドリル

イメージトレーニングの要素もあるドリルです。あたかも絨毯がそこにあるようにイメージでしましょう。

1、まずボールの真上に垂直に垂れ下がっているじゅうたんをイメージします。
2、グリップからヘッドまで、クラブ全体でじゅうたんのホコリを叩くイメージでインパクトします。シャフトで絨毯をたたく感じにも似ています。

インパクト前に頭を残して体をボールの前方へ移動させるが、
クラブはリリースされ、ヘッドが先行していくことをしっかりと体感しましょう。