カテゴリー別アーカイブ: トラブルショットの打ち方

様々なライからのショット

アップヒルのライ

左足が上がっているライです。ライはボールの置かれている状態、左足が上がっているとクラブのロフトが大きくなりますので、地形に沿ったスイングを心がけ、少し大きめのクラブを選択します。

 

ダウンヒルのライ

左足が下がっているライです。左足が下がっているとロフトが小さくなりますので、地形に沿ったスイングを心掛け、ボールにスピンがかかりにくので、グリーンオーバーに注意が必要ですから大き目のロフトのクラブを選択します。

 

つま先上がりのライ

打つ前に必ずクラブがどこに落ちるかを確認します。その位置を確認してからスタンスを取り、クラブも短めにグリップしてスイングします。ボールは左へ飛び出しやすい傾向にありますので目標をやや右へとります。

 

つま先さがりのライ

打つ前に必ずクラブがどこに落ちるかを確認します。その位置を確認してからスタンスを取ります。ボールは右へ飛び出しやすい傾向にありますので目標をやや左へとります。

 

トラブルショット脱出の心得

とにかく無理をしない、確実にその状況から脱出することを一番に考えることが重要です。

バンカーショットの打ち方

通常のバンカーショット

1、スタンスは、オープンスタンスを取ります。
2、クラブフェースを少しオープンにして構えます。
3、ソールをうまく使ってトレーディングエッジ(バウンス)を打ち込むイメージを持ちます。
4、スイングの最下点をボールのの1個分後ろにクラブが入るようなイメージで、手と腕を目標方向に振り抜きます。ポイントはフェースの向きを変えずにスイングすることで、バックスピンをかけやすくします。

 

目玉状態のバンカー

1、フェースは開かずアドレスをとります。
2、ボールの位置は右足寄りに置き、スタンスを取ります。
3、スイングはいつも通りに行いますが、ボールの1.5個手前に鋭く打ち下ろす感じで打ち込みます。この切るような動きによってボールが上がることになりrます。

 

フェアウェイバンカー

フェアウェイバンカーではとにかくバンカーのあごの高さを超えるクラブを選択することが大切で、無理するとそれ以上のトラブルがおこります。

1、グリップを通常より半インチ短く握ります。
2、インパクトを通常のショットよりもボールの上部分をトップするようにインパクトします。普通に打とうとするとダフりやすくなりますので注意です。