カテゴリー別アーカイブ: アプローチ

ロブショットの打ち方

1、45°くらいフェースを大きく開きます。

2、振り抜く時はフェースを返さないように左肘を抜くように振ります。

※ボールは少し左足よりの方が打ちやすいと思います。

高いボールを打つときはインパクトで、グリップよりヘッドが少し前に出るくらにすれば高く上がります。
逆にグリップより後方にあれば低いボールになるので試してみましょう。

チップショット 転がすアプローチ

チップショットとはグリーンまでの距離を転がして運ぶ、低弾道のランニングショットです。

ボールを上げるよりも転がしたほうが予測しやすく、ミスが減り安全と言えます。

グリーンまでの距離を十分につかない場合はロフトのあるクラブで、
グリーン周りで正常に転がらない場合もチップショットを使います。

グリップは短くし、ピッチショットよりも左足体重で、スタンスは狭くオープンスタンスを取ります。

そして両腕の三角形を崩さないようスイングします。

グリーンエッジを超えるためのショットなので、
ボールの着地点をしっかりと決める必要があります。

クラブによってボールが落下してから転がる距離は違いますので、
大体の転がる距離を以下に記載します。

このショットはプレッシャーの大きいショットの場合が多く、
バックスイングだけでなく、どこまでクラブを振るか振り幅をしっかり決めることが重要です。

ピッチショットの打ち方 上げて止まるアプローチ

ピッチショットの定義としては、着地の後にボールの転がりがほとんどない弾道の高いアプローチのことを言います。

主にグリーンまでの距離がパッティングやチップショット(転がし)には離れてすぎている場合に行います。

簡単に言えばフルスイングのミニチュアです。
ロフトのあるクラブでのフルスイングもピッチショットよばれます。

フルスイングの場合を除き、通常よりクラブは短く持ち、左足体重でスタンスを狭くし、オープンスタンスで構えます。

両腕と両肩の間に三角形ができますが、この三角形を崩さないようワンピースでスイングします。

スイングリズムはゆったりと、急ぐとミスにつながります。
このとき、インパクトへ向いながら加速する動きは必要ありません。

スピンで止めるため、フォロースルーでフェースを返さないようにしましょう。
距離感は、時計の7時、8時、9時などとスイングの幅で決め、
けっしてインパクトの強さで加減しないようにします。

注意するべきはボールの落下地点です。

寄せる気持が強すぎて、グリーンの傾斜を忘れてはいけません。
グリーンに傾斜があれば、入射角と反射角の関係上、思わぬ方向へ転がったり、
勢いが着きすぎてしまうこともあります。

なるべく平坦な場所へボールを運ぶようにしたいところです。

ピッチショットの練習法(上げるアプローチ上達)

ピッチショットの定義:ピッチショットとは俗に言う上げるアプローチで、空中を飛んでいる距離の方が長いアプローチのことです。

ここではピッチショットの練習、または矯正方法を紹介しています。グリーンを狙うショットであり、直接スコアに繋がる大切なショットなので練習はもちろん、ミスが続く場合を考え、しっかりと矯正法も抑えましょう。

 

ボールトスドリル

クラブなしでボールを右手に持ってグリーンへピンに届くようにアンダースローで投げることで、距離感をつかみやすくなります。プレー中でも使えるテクニックで、距離感に悩む人は是非試してください。

※色々な距離で試しましょう。、ピッチショットに必要な動きとスピードを体感していきます。

 

右手ウェッジドリル

利き手の関係で右手が器用な人が多いのですが、うまく動いていないため、アプローチに難がある人が結構います。

1、短い距離のピッチショットのアドレスをとって、右手だけでスウィングすることで、柔らかく静かな手の動きを体感しましょう。

 

インパクトポジションドリル

ショットでもアプローチでもインパクトの身体のイメージを持つことが重要です。

1、アドレスの姿勢から体重をかけ、インパクトポジションをとちます。
2、右かかとを上げて、ボールを押し出すようにスウィングします。

※短い距離のピッチショットでは右足の動きは必要ありませんので、余分な動きをなくしていきます。

 

高さと距離のドリル

ボールの高さと距離をイメージすることは非常に大事なポイントです。
高さの異なる障害物をおいて色んな距離からアプローチすることによって、飛球線などボールのイメージを出すように出来るドリルです。

※色んな弾道のショットを身につけると様々な状況から寄せていくことが出来るようになります。

 

硬い地面でのドリル

硬い地面ではボールをうまく打たないと、バンスがはねてしまったり、悪いイメージがスムーズなスイングをさせてくれないことがあります。このドリルはメンタル的な要素を鍛えることにもなります。

硬い地面から中距離のウェッジショットを練習することでボールをきれいに捉える練習になります。
成功すれば通常の地面から打つことが簡単だと思える、恐怖感克服のイメージトレーニングになります。

 

右手を離すドリル

上げようと意識しすぎてすくい打ちをしている人は少なくありません。

1、体の左側の使い方を覚えるため、インパクトで右手を離します。これはピットショットですくいうちしてしまうのに効果的な練習です。

※右手によるすくい打ち防止ドリルです

 

ダブルオーバーラップグリップドリル

こちらも右手のすくい打ちを防止するドリルになりますが、それほどすくい打ちはアプローチのミスを誘発する打ち方とうことです。

通常のオーバーラップグリップは、右手小指と左手人差し指を絡ませますが、右手の小指だけでなく、薬指から絡ませるようにグリップすることで右手の余分な動きを抑えます。

※右手によるすくい打ちをなくすドリルです。