カテゴリー別アーカイブ: ミスショットの原因はこれです

リバースピボット 逆軸スイングのことです。 

リバースピボットの定義:リバースピボットは体重移動が正しく行われないスイングです。

1、バックスイングで体重移動がボールの位置や左側で止まるスイングです。
2、ダウンスイングで体重移動がボールの位置や右側で止まるスイングです。

上記のようにリバースピボットになることで、上半身からダウンスイングが始まり、オーバーザトップなど様々なミスになります。

 

リバースピボット矯正方法

1、バックスイングで胸が十分に回転して、右足の内側か右足太ももの上にくるようにします。
2、頭を固定しなようにして、軸を意識して背骨と並行に動かしましょう。
3、トップでは左肩がボールの後ろに来るところまバックスイングし、十分な捻転をしましょう。
4、右足に体重が乗るように意識しましょう
5、左足に体重が移動したあとは、腰を回転させる動きからダウンスイングを始まっているようにしましょう。

トップの原因

トップとは、ボールの上半分をたたいてしまうことを言います。

アドレスに問題がある場合

原因1

セットップが正しくない場合は、体を地面と平行に保つことが難しくなります。

直し方
背筋を無理なく伸ばして、お尻を少し突き出すように構え、両肘は少し曲げておきます。あくまでも自然に。

原因2

ボールの位置がスタンス幅より左にあるとスイング最下点がずれるためトップするか、もしくは、ボールが中央より過ぎでダウンウィングの途中でボールの上半分を叩いてしまう場合があります。

直し方

正しいセットアップを注意するようにし、スイングアークの最下点をもう一度確認しましょう。正しい位置はボールを左足かかととスタンス中央との間にセットすることです。

原因3

腕の緊張が強過ぎて十分なスイングアークを描けず小さくなり、ボールの上半分を叩いトップします。
直し方

アドレスでグリップを強く握りすぎた場合に起こりますので、リラックスしたグリップをします。

 

スイング上の問題

原因1

ボールをあげようとする意識が強すぎてすくい打ちになっている。

直し方

ボールの赤道を打つのではなく、ボールの南極(下)をめがけてダウンブローで打ち抜く意識を持ちましょう。

原因2

膝または腰の角度が保てず、起き上がりなどを起こしスイングしてい場合があります。
直し方

問題の置きやすい部分、ひざ、腰など前傾角などの大幅な動きを抑える意識をして練習するようにしてください。

スライスの原因がアドレスにある場合

スライスの原因はスイングだけに限りません。アドレスの間違いが意外に多く、注意が必要です。

原因1

グリップで右手がウィークグリップ、人差し指と親指の間に出来るV字が顎の左側を指して手のひらでクラブを握っていることが多々見られます。

直し方


1、グリップは両手の指の付け根に沿えるように、手のひらではなく指でグリップします。指の間のV字は右耳と右肩の間を指すようにします。

 

原因2


2、ボールの位置がスタンス幅より左に置かれていることで、肩が開きやすくスイング起動がアウトサイドインになりやすい。

直し方

ボールの位置をスタンス内の左より置くようにします。そして、目のラインと肩のラインを目標線と並行にします。

 

原因3

アライメントが開いている場合もありますので、これにより更にスライスしやすい状況ができていることになります。結果、上半身からスイングをしてしまうオーバーザトップというミスを起こしやすくなっています。

オーバーザトップというミス

オーバーザトップの定義:ダウンスイングを上半身から始めるために、スイング軌道がアウトサイドインから入って、インパクトしてしまうことです。

ひっかけボール、ひっかけスライスの人はオーバーザトップになっています。

オーバーザトップの矯正

1、アライメントを目標線と平行にすることが大事です。主にオーバーザトップになりやすい人はクローズスタンスで、肩がオープンの場合が多いです。
2、ボールの位置をチェックします。ボールをスタンス幅よりも左に置いていないか確認しましょう。正しくスイングの最下点で、詳細はスタンスとボールの位置のページをご覧ください。
3、バックスイングで肩を十分に回すようにしてください。
4、腰と下半身からダウンスイングを開始するように意識します。
5、目標方向を12時と考え、クラブを1時方向へスイングするイメージで打ちましょう。
6、手、腕、肩に一体感を持たせて、ゆっくり下半身から始動するようにします。