dreque のすべての投稿

テークアウェイというミス

テークアウェイトの定義:テークアウェイトは、バックスイングの指導が間違っていることをいいます。

バックスイングを誤ると、体重移動と身体の回転がうまくできずに、腕だけでバックスイングしてしまいます。

直し方

アドレスをとり、お腹にクラブのグリップエンドをあてがいます。そして、そのままシャフトの部分をグリップし、体重移動で8時の位置まで身体を回転させバックスイングします。その位置から通常のグリップに戻しバックスイングを完成させれば、正しいバックスイングが身に付きやすくなります。

トップからダウンスイングにかけて体重移動がうまくできないミス

体重移動がうまくできない人は多く見られます。
体重移動がうまくできないことで、オーバーザトップとキャスティングのミスが出やすくなります。

直し方
1、ダウンスイングで下半身主導のスイングを意識しましょう。
2、ウォークスルードリルが効果的です。
3、右手を腰の後ろ手に左手だけのいスイングを行います。このスイングでは体重移動がしやすいので先に体重が動く感覚を覚えましょう。
4、右足から左足への体重移動をバスケットボールドリルなどで体感することもできます。
5、下半身からのダウンスイングは、一瞬手、腕、肩に間が出来るので体感していきましょう。

キャスティングというミス

キャスティングはダフリの原因になりますし、ダフリを嫌がって逆にトップにもなります。

ダフりやトップは結果は違っても、原因をつきつめると同じ場合がります。

ダウンスイングでコックが解けた場合、この状態でインパクトしても強いボールは打てません。
すでにバックスイングで貯めたパワーが失われているからです。

シャフトはしなるのでそのしなりを活かすため、グリップをコックをほどかずにアドレスの位置まで戻す必要があり、
そうすることで最大のパワーでインパクトを迎えることが可能になります。

プロのスイングでは、体がアドレスに戻りかけているとき、
コックが大きく、グリップは元の位置、ヘッドはまだ9時くらいにあったりしますので、
一度スイングチェックしてみましょう。

ディスコネクションというミス

セットアップ上の問題

スウィング中、上腕部が胸から離れるため、腕と体がばらばらに動くこと。

腕を伸ばしてクラブヘッドをボールに届かせようとして、腕と体の間隔が空きすぎる。

直し方

両腕を自然にかたから垂らし、

スタンスがボールより離れすぎているため、インパクトでは手を伸ばさざる得ない。

直し方

ボールを左足カカトとスタンス中央に置く。