dreque のすべての投稿

パットの打ち方

セットアップ

1、両目は目標線の真上に合わせる。
2、両手は肩から自然に垂らした位置でグリップ。
3、両肩のラインは目標線と並行にする。
4、ボールの位置は、スタンスの中央やや左に位置する。(左目の真下)
5、スタンス幅は安心感の持てる幅でいい。

ストローク

パットはスイングでなく、ストロークです。

1、リストのコックはまたtく折れない。(手首を折らないようにする)
2、パターヘッドはボールをうちぬく。
3、スイートスポットでボールを打つ。
4、両肩は前後ではなく、上下に動く。
5、ひざと頭はストロークが終わるまで絶対に動かさない。

パットは練習すればだれでもうまくなれるものです。

年齢に関係なく、性別も関係ありません。

特別な力は全く必要なく、集中力と自信を高めることで誰もが名手となれるのです。

パットの打ち方

セットアップ

1、両目は目標線の真上に合わせる。
2、両手は肩から自然に垂らした位置でグリップ。
3、両肩のラインは目標線と並行にする。
4、ボールの位置は、スタンスの中央やや左に位置する。(左目の真下)
5、スタンス幅は安心感の持てる幅でいい。

ストローク

パットはスイングでなく、ストロークです。

1、リストのコックはまたtく折れない。(手首を折らないようにする)
2、パターヘッドはボールをうちぬく。
3、スイートスポットでボールを打つ。
4、両肩は前後ではなく、上下に動く。
5、ひざと頭はストロークが終わるまで絶対に動かさない。

パットは練習すればだれでもうまくなれるものです。

年齢に関係なく、性別も関係ありません。

特別な力は全く必要なく、集中力と自信を高めることで誰もが名手となれるのです。

ロブショットの打ち方

1、45°くらいフェースを大きく開きます。

2、振り抜く時はフェースを返さないように左肘を抜くように振ります。

※ボールは少し左足よりの方が打ちやすいと思います。

高いボールを打つときはインパクトで、グリップよりヘッドが少し前に出るくらにすれば高く上がります。
逆にグリップより後方にあれば低いボールになるので試してみましょう。

チップショット 転がすアプローチ

チップショットとはグリーンまでの距離を転がして運ぶ、低弾道のランニングショットです。

ボールを上げるよりも転がしたほうが予測しやすく、ミスが減り安全と言えます。

グリーンまでの距離を十分につかない場合はロフトのあるクラブで、
グリーン周りで正常に転がらない場合もチップショットを使います。

グリップは短くし、ピッチショットよりも左足体重で、スタンスは狭くオープンスタンスを取ります。

そして両腕の三角形を崩さないようスイングします。

グリーンエッジを超えるためのショットなので、
ボールの着地点をしっかりと決める必要があります。

クラブによってボールが落下してから転がる距離は違いますので、
大体の転がる距離を以下に記載します。

このショットはプレッシャーの大きいショットの場合が多く、
バックスイングだけでなく、どこまでクラブを振るか振り幅をしっかり決めることが重要です。

ピッチショットの打ち方 上げて止まるアプローチ

ピッチショットの定義としては、着地の後にボールの転がりがほとんどない弾道の高いアプローチのことを言います。

主にグリーンまでの距離がパッティングやチップショット(転がし)には離れてすぎている場合に行います。

簡単に言えばフルスイングのミニチュアです。
ロフトのあるクラブでのフルスイングもピッチショットよばれます。

フルスイングの場合を除き、通常よりクラブは短く持ち、左足体重でスタンスを狭くし、オープンスタンスで構えます。

両腕と両肩の間に三角形ができますが、この三角形を崩さないようワンピースでスイングします。

スイングリズムはゆったりと、急ぐとミスにつながります。
このとき、インパクトへ向いながら加速する動きは必要ありません。

スピンで止めるため、フォロースルーでフェースを返さないようにしましょう。
距離感は、時計の7時、8時、9時などとスイングの幅で決め、
けっしてインパクトの強さで加減しないようにします。

注意するべきはボールの落下地点です。

寄せる気持が強すぎて、グリーンの傾斜を忘れてはいけません。
グリーンに傾斜があれば、入射角と反射角の関係上、思わぬ方向へ転がったり、
勢いが着きすぎてしまうこともあります。

なるべく平坦な場所へボールを運ぶようにしたいところです。

フェードボールの打ち方

フェードボールの定義:フェードボールは、ボールが飛び出した後、やや右へ曲がって落ちるボールのことです。

最近はパワーフェードというドローボールにも負けない飛んで、安全というボールが流行です。
背景にはゴルフクラブの進化があり、スライス回転がかかっていても飛距離が出るようになってきています。

スイング軌道はストレートになるようにする分、ドローボールより難しいかも知れません。

インパクトではややフェースが開いている状態なので、グリーンを狙うショットでは、スピンが利いてとまる理想的な攻め方が出来るボールです。

ドローボールの打ち方

ドローボールの定義:飛球線へ飛び出し、やや左へ曲がってボールが飛んでいくことです。


ドローボールは多くの人が憧れるショットの一つです。
ドローがなかなか打てないと嘆く方は、飛球の法則を理解すればドローも打つことが可能です。

ドローは、真っすぐに飛んで、左へ落ちるもの、右へ飛び出し左へ戻るものなどあります。多くは後者でしょう。
飛び出す方向はスイング軌道によって決定されます。

1、スイング軌道はインサイドアウトで打ちましょう。
クラブを1時方向へ振りぬく意識があれば出やすいです。

2、フェースをインパクトでは左を向いているようにする。そうすることで左への回転がかかりますので、ボールが後に左へまがります。

様々なライからのショット

アップヒルのライ

左足が上がっているライです。ライはボールの置かれている状態、左足が上がっているとクラブのロフトが大きくなりますので、地形に沿ったスイングを心がけ、少し大きめのクラブを選択します。

 

ダウンヒルのライ

左足が下がっているライです。左足が下がっているとロフトが小さくなりますので、地形に沿ったスイングを心掛け、ボールにスピンがかかりにくので、グリーンオーバーに注意が必要ですから大き目のロフトのクラブを選択します。

 

つま先上がりのライ

打つ前に必ずクラブがどこに落ちるかを確認します。その位置を確認してからスタンスを取り、クラブも短めにグリップしてスイングします。ボールは左へ飛び出しやすい傾向にありますので目標をやや右へとります。

 

つま先さがりのライ

打つ前に必ずクラブがどこに落ちるかを確認します。その位置を確認してからスタンスを取ります。ボールは右へ飛び出しやすい傾向にありますので目標をやや左へとります。

 

トラブルショット脱出の心得

とにかく無理をしない、確実にその状況から脱出することを一番に考えることが重要です。

クラブの握り方 スクエアグリップ

グリップの基本の握り方を紹介します。
スイングを気にする方がグリップをあまり気にしていないのには驚きます。
グリップがおかしいといいスイングは決して出来ないでしょう。

左手の握り方

グリップエンドより約1インチあけて、グリップのちょうど真後ろのラインを人差し指の第2関節から小指の付け根部分にかけて添わせるように握ります。そして親指はグリップの表のセンターラインより自分より見て右側へ添えます。(1時の方向)

右手の握り方

右手は中指と薬指を中心にクラブを握り、生命線で左親指全体を包み込むようにすると両手の一体感が出ます。右手親指はグリップの中心ラインより左へ置きます。(11時の方向)人差し指は中指から少し離し、銃の引き金を引くような形にして握ります。

グリップの強さ

多くの方はグリップを強く握る傾向にあります。
これが体の捻転や正しいスイング軌道を妨げ、スウェーの原因にもなります。

以下の方法で一度確認してみてください。

  1. 3か所のプレッシャーポイントの確認
  2. 胸の前で腕をのばし、正しいグリップが出来ているか確認
  3. シャフトが倒れず、落ちない程度のグリップを1の強さとします。
  4. 1から少し力を入れ、2まで上げる。
  5. 段階的に5まで上げて、この強さを確認します。
  6. 次に最大の強さで握ってみて、これを10とし、強さを10段階に分ける。

こうして強さの確認してから、通常のショットは5弱から4、グリーン周りのアプローチは6、バンカーショットは2、深井ラフからは7か8、パッティングが2から4と推奨しています。

グリップのプレッシャーポイント

グリップのどの部分に力を入れるかも重要なポイントです。
グリップに圧力(プレッシャー)をかける部分は次の3つになります。
これ以外に圧力をかけるとスイングに悪影響が出ます。左手のプレッシャーが強いと十分なコッキングができなくなりますし、右手のプレッシャーが強いと右ひじの柔軟性が失われて、アウトサイドインのスイング軌道になりやすい他、スウェイも誘発する原因になります。

  1. 左手後ろの3本指(中指、薬指、小指)
  2. 左親指と右親指の下のふくらみとの接点
  3. 右中指と薬指

スクエアなグリップを確認する方法

自分自身でスクエアにグリップが出来ているか一度確認してみましょう。

  1. 左右の親指と人差し指で作られるV字が右耳と右肩の間を指しているか
  2. アドレスをして左手ナックルが2から3個見える状態であるか

練習中グリップを握り直す回数が特に初心者は少ないように思います。
出来ればスイングの度に握り直す方がいいでしょう。

練習中は本番と同じことをするのが大切だとよく理解してください。

<ピックアップ>



バンカーショットの打ち方

通常のバンカーショット

1、スタンスは、オープンスタンスを取ります。
2、クラブフェースを少しオープンにして構えます。
3、ソールをうまく使ってトレーディングエッジ(バウンス)を打ち込むイメージを持ちます。
4、スイングの最下点をボールのの1個分後ろにクラブが入るようなイメージで、手と腕を目標方向に振り抜きます。ポイントはフェースの向きを変えずにスイングすることで、バックスピンをかけやすくします。

 

目玉状態のバンカー

1、フェースは開かずアドレスをとります。
2、ボールの位置は右足寄りに置き、スタンスを取ります。
3、スイングはいつも通りに行いますが、ボールの1.5個手前に鋭く打ち下ろす感じで打ち込みます。この切るような動きによってボールが上がることになりrます。

 

フェアウェイバンカー

フェアウェイバンカーではとにかくバンカーのあごの高さを超えるクラブを選択することが大切で、無理するとそれ以上のトラブルがおこります。

1、グリップを通常より半インチ短く握ります。
2、インパクトを通常のショットよりもボールの上部分をトップするようにインパクトします。普通に打とうとするとダフりやすくなりますので注意です。