21NEWS

スポンサードリンク

離婚後の年金はどうなるの?

スポンサードリンク


離婚後、年金をもらうために

離婚をして氏名を旧姓に戻す場合、役所や役場などで氏名変更と一緒に年金手帳も氏名変更をしなくてはいけません。

働いている場合は、職場の年金を担当している人に依頼すれば、代わりに手続きをおこなってもらえます。

しかし、専業主婦の人は自分で手続きをしなくてはいけません。

はじめに、「年金分割のための情報提供通知書」という通知書を入手します。

これは年金事務所で「年金分割のための情報提供書」という書類を提出すると入手することができます。

そして、その後、夫婦で話し合いをします。話し合いが終わったら離婚後に「標準報酬改定請求書」という書類を提出します。

ちなみに、「調停離婚」・「審判離婚」・「裁判離婚」でこまかい手続きが違ってきます。

スポンサーリンク



 

離婚したときの年金分割制度とは?

近年、熟年離婚が増えているといわれています。

しかし、離婚をすると、夫婦の年金は夫のものになってしまうことが多いそうです。

それでは老後の生活が成り立ちません。

そこで設けられた制度が、「年金分割」です。

スポンサードリンク


離婚したらもらえる年金は何がある?

しかし、年金と一言で言っても年金にもさまざまな種類があります。

年金分割制度で分割できる年金は、「厚生年金」(サラリーマン)と「共済年金」(公務員)だけです!

年金分割請求はいつまでにすればいいのか。日本年金機構のサイトによると、離婚時の年金分割の請求は2年以内に行うようにとのことです。

期限が決まっているので、早めに請求しておくのがいいですね。年金事務所などで手続きはすることができます。

 

年金分割制度

この年金分割制度、ありがたい制度なのですが、実は必ずしも夫の年金の半分をもらえるわけではありません。

共働きをしていて、妻のほうが稼ぎが良かった場合、その分が夫に分割されることもあるのだそうです。

いくらもらえるかは話し合いによるので、離婚の際はなるべく円満離婚するのがよいかもしれません。

妻が浮気した場合も年金分割制度が適用されるのか?これも話し合いによります。

分割してその分慰謝料をもらうか、分割を拒否するか、よく考えて話し合いに挑みましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

離婚時の年金分割額の計算方法

話し合いにより、金額は変わってくるので、はっきりとした額は出せませんが、1つの目安として簡易計算してくれるサイトを見つけました。

「離婚と年金分割」というサイトで、自分と配偶者それぞれの

・「国民年金のみに加入していた期間」

・「厚生年金に加入していた期間のうち、独身の期間」

・「厚生年金に加入していた期間のうち結婚していた期間」

・「厚生年金に加入していた期間の平均報酬月額」

を数字で入力すると、計算をしてくれて便利ですよ。

 

スポンサーリンク