21NEWS

スポンサードリンク

知って得する 所得控除

スポンサードリンク



 
<h2>《所得の控除とは》</h2>
所得税とは、個人の所得に対してかかる税金のことです。

子どもの教育にお金がかかる、両親の面倒をみているなど家庭の事情は様々です。

そういった経済的な理由を考慮し納税負担を軽くする制度のことを「所得控除」といいます。

所得控除の対象は、だれもが受けることができる「基礎控除」の他に14種類のものがあります。

スポンサーリンク



&nbsp;
<h2>《医療費控除とは》</h2>
自分や「生計を一にする」家族のけがや病気にかかった医療費が対象になり、年間10万円を超えた場合に受けられます。

&nbsp;
<h2>《社会保険料控除とは》</h2>
自分や「生計を一にする」家族の負担すべき社会保険料を支払ったときに受けられる控除です。

支払いの全額が控除されます。

スポンサードリンク



&nbsp;
<h2>《生命保険料控除とは》</h2>
生命保険料を支払った場合の控除です。

年間に払った保険料で控除額が変わります。

8万円以上の支払い額で4万円です。(平成24年1月1日以降の契約のもの)

&nbsp;
<h2>《障害者控除・特別障害者控除とは》</h2>
納税している本人または、規定の対象となる家族が障害者に該当する場合、1人につき27万円。

特別別障害の該当者には40万円の控除になります。

スポンサードリンク



&nbsp;
<h2>《寡婦控除とは》</h2>
女性を対象としたもので配偶者との離婚や死別したものに27万円の控除、扶養家族がある場合は特別の寡婦となり、35万円の控除になります。

&nbsp;
<h2>《勤労学生控除とは》</h2>
所得税法による勤労学生と認められた場合は一律27万円の控除が受けられます。

&nbsp;
<h2>《配偶者控除とは》</h2>
配偶者の所得が38万円未満で控除対象者である場合、70歳未満は30万円、それ以上の年齢では48万円になります。

ただし配偶者の所得が38万円を超えた場合は、配偶者特別控除の適用となり、所得金額が76万円未満の場合にのみ控除を受けることができます。
<div class=”adss_box_l”>

スポンサードリンク

</div>
<div class=”adss_box_r”>

スポンサードリンク

</div>
<div></div>
<h2>《扶養者控除とは》</h2>
扶養家族を養う人向け。

その年の12月31日時点において年齢が16歳以上の扶養対象がいる場合の控除です。

特別な場合を除き一律38万円です。

年金受給者を扶養対象としたい場合は、38万円に公的年金控除額を足した額が上限額になります。

年齢により2通りに分けられ、65歳未満は108万円、65歳以上は158万円になっています。

スポンサードリンク



&nbsp;
<h2>《特別支出控除とは》</h2>
サラリーマンの必要経費を控除の対象としたものです。

交通費や研修費は通常会社が支払ってくれますが、資格取得費や業務にかかわる書籍についても、一定額まで経費に計上して控除を受けることができます。

&nbsp;
<h2>《退職金と所得税について》</h2>
老後の生活を支えるような大きな金額なので、一般的な給与と同じ算出方法の納税金額では負担になります。

そのため、事前に「退職所得の受給に関する申告書」を会社に提出し、所得税の軽減措置を受ける準備をしておくことが賢明です。

所得控除に着目して書いてきましたが、株の配当控除など生活に密接している控除は他にもあります。

国税庁のホームページには控除についての一覧表や税金の計算方法などがのっています。

ぜひ参考にしましょう。

スポンサーリンク


<div class=”adss_main”>
<div class=”adss_box_r”></div>
</div>
&nbsp;