21NEWS

スポンサードリンク

お布施の作法

スポンサードリンク



 

お布施の意味

お布施とは、お通夜やお葬式、法事などでお坊さんにお経を読んでもらい、供養していただいたお礼に渡すお金のことです。

お布施は、「安産祈願」などのおめでたい場面でもお渡しします。一般的に初穂料(はつほりょう)と呼ばれます。

スポンサーリンク



 

お布施はどんな袋に包めばいい?

お布施の包み方としては、奉書紙(白くて厚手で上質な和紙)で包むのが1番丁寧とされています。

まず、半紙でお札を包み、さらに奉書紙で包みます。

最近では専用の「お布施」と書かれた封筒も売っているので、それを使っても問題ありません。

スポンサードリンク





 

安産祈願でのお布施

お布施の相場は、5000円~10000円です。神社によってはいくらと指定されている所もあります。

安産祈願のお布施の書き方としては、上段に「御初穂料」「御礼」「御玉串料」などと書きます。

名前は下段に書きます。姓のみか、夫婦連名を書きます。
 

浄土真宗のお布施の相場

浄土真宗の葬儀の場合、一般的に通夜から初七日法要までで20~30万円と言われています。

(寺や葬儀場によって変わることもある)

その他にもお車代として5000円、会食の御膳料を5000円お包みします。

浄土真宗は、死後は等しくみな仏様になるという考えから、法命料はとりません。

スポンサードリンク





 

お布施の書き方は?

お布施は封筒に入れて渡しますが、封筒への書き方としては、何も書かれていない白い封筒に毛筆や筆ペンで「お布施」と書きます。

その下に苗字または〇〇家と書きます。お坊さんに渡すお布施へ書く筆ペンの墨は、薄い黒ではなく、濃い黒で書きましょう。薄墨は喪主へお金を渡す封筒に書く時です。

間違えやすいので、注意してください。

筆で書くとき、文字を綺麗に書きたいですよね。

習字のお手本をしてくれる便利なツールがあります。

「習字のお手本変換ツール」というサイトです。

お手本を見たい文字と文字の大きさ、書体(行書体か楷書体)、縦書きか横書きかを入力すれば、OK!便利なサイトですね。

 

施餓鬼(せがき)のお布施

「施餓鬼」って聞いたことありますか?

飢えに苦しんで死んだ霊や、身寄りがなくこの世をさまよっている霊を供養することです。

自分の先祖供養だけでなく、このような餓鬼の供養を行うと、自分にも救いがあるとされています。

お布施の相場は、3000~10000円程度が一般的です。

 

「命日」と「月命日」の違い

「命日」とは、個人が亡くなった月日を指します。

(別名:祥月命日)

「月命日」とは、個人が亡くなった日のみを指します。

月命日お布施の金額は、宗派や地域、お寺との関係にもよるので、直接お寺に聞くといいでしょう。

 

お葬式でのお布施の相場

お布施の相場はいくらでしょうか?お葬式と法事では、お布施の金額も大きく変わってきます。

お葬式では、20万円前後が相場のようです。

しかし、葬儀場によって値段が変わってくることもあります。

法事の場合、49日法要と一周忌法要のお布施の金額は3~5万円、三回忌(亡くなってから満2年め)、七回忌(亡くなってから満6年)の法要のお布施は1~5万円程度が相場です。

結婚式同様、お札は奇数の枚数を包みます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク