21NEWS

PM2.5とは?対策って?



風邪を引いているわけではないのに、喉が痛い、くしゃみが止まらないといったことはないですか?

もしかしたらPM2.5が悪さをしているかもしれません。

人間の健康を脅かすPM2.5ついて学んでいきます。



 

《pm2.5 とは》

大きさが2.5ミクロン以下の粉じんに対する総称で、特定の成分をさすものではありません。

主に、硝酸塩、硫酸炎、アンモニウム塩、ケイ素、炭素成分などで、大気中に浮遊しています。

毛髪の太さの30分の1程度の小さな粒子です。非常に細かいので、粘膜についたり肺の奥深くまで入りこんだりし、人体の健康に悪影響を及ぼすようになっていくのです。

 

《pm2.5発生の原因》

原因は2つあり、物が燃えることによって排出されるもの(工場から出る煙や自動車の排気ガス)と、自然に発生するもの(花粉や黄砂など)に分かれます。

また燃焼の発生には、大気に排出されたままの状態の一時生成と、排出時は気体であったものが大気中の化学反応で微小粒子化する二次生成があります。



 

《pm2.5による健康被害の症状》

症状としては、喉の痛みやかゆみ、鼻水、咳やくしゃみなど呼吸器官に近いところに出ます。

他には目への影響も大きく、かゆみ、充血があります。

症状がすすむと、頭痛、喘息、気管支炎となり、更には肺がんなどにもつながる可能性もあります。

これらは、アレルギー反応とは違いますので、抗アレルギー薬を飲んで予防することはできず、対処療法により症状をおさえるしかありません。

 

《注意喚起時の対処法》

環境省はPM2.5による大気汚染濃度に対する暫定的な指針値を発表しました。

環境基準値(1年平均値が、1立方メートル当たり15μg以下であり、かつ、1日平均値が1立方メートル当たり35μg以下であること)を大きく上回る値で、1日平均値1立方メートル当たり70μgとされています。



 

これは健康影響が出る可能性が高くなる数値で、超過すると様々な方法で国民へ注意喚起がなされるようになりました。

PM2.5の観測や測定値については、環境省の運営する「そらまめくん」というサイトで表示しています。

指針値を超えた場合には、外での長時間の運動や外出は避け、屋内においても換気はせずに、外気を取り込まないような工夫が必要です。

やむを得ず外出する際は、高性能なマスクを用いて吸入を減らしましょう。空気清浄機を使うのもいいです。

また、PM2.5専用の測定器も市販されていますので、外出や洗濯物を干すときの目安として利用するのも賢明です。

PM2.5への関心が高まり、対策用グッズもたくさん出ています。

上手に活用して健康を守りましょう。