21NEWS

スポンサードリンク

定年、退職の手続き

スポンサードリンク



 

・定年退職お疲れ様でした、と言いたいところですが

会社を定年まで勤め上げ退職する人を見ると「これまでお疲れ様でした」とねぎらいの言葉をかけたくなりますが、実は定年退職する時に様々な手続きをしなければならない事を知っていますか?

手続き以外にも今までお世話になった方への挨拶文の作成や、場合によっては退職届を書かなければならないなど、面倒な事は多数残っています。

ここでは定年退職する方が少しでも楽に退職の手続きが出来る方法や、知っておくと得するポイントなどを紹介してみようと思います。

スポンサーリンク



 

・退職届が必要な場合

会社によって異なりますが、定年退職時に、たとえ同じ会社に再雇用が決まっていたとしても、退職届を書かなくてはならない会社は最近では多くあるようです。

退職届というと、かしこまった文章を書かなければならないようなイメージですが、決して難しい文章を書く必要はありません。

簡単に言ってしまえば満○○歳になるので就業規則に則り退職しますという事を書くだけです。

会社によっては退職者向けに専用の用紙を用意してある事もありますし、退職者にとってほとんど大変なことはありません。

もしそれでも退職届を書くのが難しいという場合は例文テンプレートを探して自分の名前に書き換えて提出するのが良いでしょう。

スポンサードリンク



 

・挨拶文を書くのが苦手な人は

定年まで勤め上げた方なら送別会などでの退任挨拶やスピーチなら出来るけど、退職の時の挨拶文はどう書いたら良いんだろうと考えてしまう方もいるかと思います。

出来る事ならば自分の言葉でお世話になった方へ感謝の言葉を伝えたいですが、こういった文章をちゃんと書ける方は決して多くはありません。

そういった場合に利用すると便利なのが挨拶状を代わりに書いてくれるサービスです。

年賀状を印刷してくれるサービスの様に、挨拶文の作成から挨拶状にするところまで請け負ってくれます。

メールでメッセージを贈る場合もその文章を使うことが出来ますし、文章に困った時以外にも、ちゃんとしたものを相手に届けたいと思った場合にもこういったサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

 

・定年退職でも失業保険は受給出る

定年退職した場合でも失業保険を受給できるということを知っていましたか?

定年退職前に雇用保険に最低でも6カ月以上加入していなければならなかったり、65歳未満であったりといくつか条件はありますが、それらの条件に当てはまる場合は失業保険を受給する事が出来ます。

失業保険で支給される日額は、働いていた頃の賃金(1日分)の50%から80%程度とされています。

働いていた時と比べてしまうと収入は大きく減ってしまいますが、それでも50%ももらえるというのは大きいですよね。

注意しておかなければいけないポイントとしては、定年退職後に働く意思がない場合は失業保険を受給することは出来ないという点です。

働く意思があり、すぐに働く就職先が決まっていない場合は失業保険の申請を忘れずにしておきましょう。

 

・すっきりと退職

定年退職するならすっきりと退職するのが理想ではないかと思います。

誰しも最後の最後で大変な思いをして嫌なイメージを残したまま会社を去るよりも、出来るだけ簡単にささっと済ませて良いイメージのまま会社を去る方が、後々きっと良い思い出にもなるのではないでしょうか。

そのためにも困った時は利用できるサービスを利用して、大変な仕事を簡単に済ませられるこれらの方法を利用するのをおすすめします。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク