21NEWS

気になる吉野家メニュー



 

・長く愛されている吉野家

1899年、明治32年に創業してから100年以上が経ち、老舗牛丼チェーンとしての地位を築いた吉野家。

現在では国内で1200店舗、海外でも800店舗を展開し世界的な人気牛丼店となりました。

多くの人が一度は食べに行った事があると思いますが、食べに行った事がある人も、まだ食べに行った事がない人にも、改めて吉野家にはどんな魅力があるのかをここでは紹介したいと思います。



 

・豊富なメニュー

吉野家といえば早くて安くておいしい牛丼です。

並盛の価格が380円という安さで、注文するとすぐに出てきます。

もちろんその味は絶品です。ですが吉野家のメニューはそれだけではありません。

豚丼、鶏丼、牛カルビ丼、カレー、鰻重、ベジメニュー、朝食や夕食の定食メニューなど、気分によって選べるほど豊富なメニューがあります。

どれもとてもおいしいのに、多くのメニューはワンコインから注文する事が出来るほど安く、気軽に注文する事が出来ます。



 

・隠しメニュー

「つゆだく」という言葉を聞いたことはありますか?

牛丼を頼む時に「つゆだくで」と注文すると、牛丼のつゆを多めに入れてもらえるのです。

このような隠しメニューが吉野家にはいくつかあります。

「つゆだくだく」だとつゆだくより多くつゆを入れてもらえます。

逆に「つゆぬき」と言って注文するとつゆをなくしてもらうこともできます。

面白いものだと「肉下」と言って注文をすると、ご飯の下に肉を盛りつけてもらえます。

ぜひ自分の好みに合わせて注文してみてください。

 

・地域限定メニュー

吉野家には特定の地域でしか食べられない限定メニューというものがあります。

中でも有名なのが沖縄の吉野家だけで販売されているタコライスです。

他のメニュー同様、安くておいしいこの沖縄限定メニューが話題になり、吉野家ファンの中には沖縄へ旅行へ行く時に、沖縄吉野家のタコライスを食べてくるという人もいました。

その人気ぶりからタコライスは2017年の夏季限定メニューとして全国販売されました。

現在は販売期間も終わってしまい沖縄でしか食べられなくなっていますが、復活してもらいたい人が多ければ期間限定でまたタコライスが食べられるようになる事もあるかもしれませんね。



 

・そば処吉野家

吉野家がそばを提供しているというのをご存じでしょうか。

まだ店舗数は数は少ないですが、そば処吉野家では自家製の十割そばを食べる事が出来ます。

自家製十割そばを使ったメニューにはもりそば、冷しかけそば、とろろつけそばのような冷たいメニューや、かけそば、かき揚げそば、えび天そばのような温かいメニューもあります。

そば処吉野家ではそれ以外にもかつ丼や天丼、ミニマグロ丼など吉野家とは少し違ったメニューを楽しむ事が出来ます。

 

・いつでも気軽に食べられるのが吉野家の魅力

いかがでしたでしょうか。吉野家の魅力はいつでも安くおいしいメニューを食べられるところです。

お店でささっと食べるのも良いですし、お持ち帰りにして家でゆっくりと食べるのも良いです。

吉野家の自分にあったメニューを自分にあった方法でおいしく食べてもらえたらなと思います。