21NEWS

スポンサードリンク

ゼンリン住宅地図の使い方


 

スポンサードリンク



 

・詳細なデータが魅力のゼンリン住宅地図

ゼンリンといえば国内最大手の地図情報会社です。

ゼンリンの提供する住宅地図は全国の調査スタッフが足で歩いて目で見て調査しているもので、ビル名やテナントはもちろん、居住者のような細かなデータまで記載されてます。

都市部は年に1度、それ以外の地区でも2年から5年に一度更新しているためとても正確で、防災関連用品やガイドブック、カーナビソフトにも使われています。

そんなゼンリンの住宅地図の利用方法をここではご紹介したいと思います。

スポンサーリンク



 

・住宅地図

まず代表的な商品が住宅地図です。宅配業者や運送、不動産の物件管理などにも利用されている地図でB4判、A4判、デジタル版などがあります。

ビルの名称や中に入っているテナントも全てチェックできますし、バス停や信号機、道路が一方通行かどうかまで記載されています。

とても便利な住宅地図なのですが価格もそれ相応に高く、例えば栃木県宇都宮市のB4判住宅地図は4種類あり全て買うと78000円、愛媛県松山市のA4判住宅地図は2種類両方とも買うと32000円、デジタル版のデジタウン京都市11区は146500円もします。

仕事で使う場合は必須かもしれませんが、個人で買おうと思ってもなかなか手が出しにくい商品かもしれません。

スポンサードリンク



 

・ゼンリン住宅地図プリントサービス

個人でゼンリンの住宅地図を利用したい場合は手頃な方法があります。

そのひとつがゼンリン住宅地図プリントサービスです。

必要なエリアだけコンビニのマルチコピー機で印刷してくれるというサービスで、1枚300円という安さでゼンリンの住宅地図を手にする事が出来ます。

コンビニで買うことが出来るので、外出先で住宅地図が必要になった時や、深夜に住宅地図が必要になった時でもいつでも利用出来るのも強みです。

現在このサービスを使えるコンビニはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスの4社となっています。

 

・@niftyビジネスデータ

ニフティビジネスデータにもゼンリン住宅地図サービスがあります。

こちらはコンビニのプリントサービスよりさらに安い200円から住宅地図を手に入れる事ができるサービスです。

出力形式によって値段が異なり、ブラウザーへ地図を表示する画面表示形式が一番安く、FAXで地図を送ってもらう形式やデータをダウンロード出来る形式のものもあります。

データダウンロードには複製許諾証付きのものもあるので、とある地域の地図だけ複数枚必要になった場合はこのサービスを使うと良いかもしれません。

 

・必要な範囲だけなら手頃な価格で買える

ゼンリンの住宅地図は高価なものというイメージを持つ人も多かったかもしれませんが、実は手頃な価格で手にする事が出来るんだということを知ってもらえたかと思います。

どうしても無料で住宅地図を閲覧したい人は図書館で見るという方法もありますが、これらの方法は非常に安価ですし、なによりプリントした地図をずっと手元に置く事も出来るので、もしゼンリンの住宅地図が欲しい場合はここで紹介したサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク