21NEWS

ゴーヤの育て方


野菜を育てたいと思っても、どの野菜なら手間がかからず、簡単に育てられるのかと迷いますよね。

私が初めて挑戦した野菜はゴーヤでした。一般的に初心者におすすめの野菜は、ゴーヤです。



 

ゴーヤといえばグリーンカーテンですよね。夏の強い日差しをカットしてくれて、省エネになりますね。

一度は作ってみたいという方も多いのではないでしょうか?

ここでは、人気のゴーヤの育て方についてご説明致します。

 

ゴーヤ 種まき時期

ゴーヤの種まきの時期は、4月上旬以降で、気温が25度程度になってから行います。

ゴーヤは気温が低いと発芽しないので、暖かくなってから種まきをして下さい。

初心者の方は種から育てるよりも苗から育てる方が簡単です。

苗を植える時期は種まき時期と一緒です。しかし本格的な夏が始まる時に収穫するために、6月上旬には植えるようにしましょう。



 

ゴーヤ 育て方 プランター

ゴーヤの栽培には、大型のプランターが適しています。それは根が広く伸びて、ゴーヤの葉と実が大きく育つためです。

ゴーヤが大きく育つためには、良い用土を使う事が不可欠です。市販の培養土、野菜用土を使います。

自分で作る時は、赤玉土7、腐葉土2、バーミキュライト1の割合にします。

市販の野菜用土には、これらが配合されていますので、おすすめです。

支柱の立て方、ネットの張り方ですが、支柱はゴーヤの重みに耐えられるよう太いものを使います。

ネットは窓から1〜2m離し、ネットがたるまないようにしっかりと設置します。

水やりは朝だけ行います。プランターには2日に一回程度、水の表面が乾燥したら水をあげます。

水のやり過ぎには注意が必要です。



 

ゴーヤ 栽培 摘心

ゴーヤ栽培には摘心が必要不可欠です。摘心とは新芽を摘み取ることです。

これによってわき芽の成長を促し、実の収穫量が増えます。

難しく考えがちですが、本葉が5枚になったらつるの先端を摘み取るだけです。

ゴーヤは基本的には病気になりにくいですが、代表的な病気は、うどんこ病です。

これは葉が白くなりカビが生えてしまいます。初期段階で気がつきやすいので、気づいたら早めに除去して下さい。

病気が全体に広がってしまった場合は、市販の殺菌剤を使うと良いです。

乾燥していると病気になりやすいです。対策は水やりをすることや日当たりを良くすることなどです。

ゴーヤ料理はたくさんありますが、代表的なのはゴーヤチャンプルですよね。

ゴーヤは夏バテ対策になりますので、夏は自分で作った美味しいゴーヤの料理を食べて乗り切りましょう。