手打ちと体重移動を修正 オーバーザトップ練習ドリル

これらは主にオーバーザトップの矯正ドリルです。定義はこちらをご覧ください。オーバーザトップ

ステップドリル

上半身よりも下半身の動きを強調しながら、意識してスイングをします。上級者のほとんどは下半身からダウンスイングが始まっているという事実があります。

1、通常のアドレスを取ります。
2、バックスイングの前に右足を左足に揃えます。(両足を揃える)
3、バックスイングを開始して、トップを完成させます。
4、ダウンスイングに入る前に左足をアドレスの元の位置に戻し(足を開く)、出来るだけスムーズにそのままスウィングします。

ポイントは、メリハリをつけて、動きを強調することと、ステップするまで肩は戻さない(開かない)。

 

振り子体感ドリル

※このドリルではリズミカルな動きを実感する。

クラブの動きと体の動きを調和させたとき、最大エネルギーの放出、最高のショットが可能になります。

1、両足を揃えて立ちます。
2、ミドルアイアンを使用し、グリップエンドを右手人差し指と親指でつかみます。
3、目標線と並行にクラブを振り子のように左右に揺らしながら、そのクラブの動き合わせて、左足を右、左にステップします。

 

椅子を使ったドリル

このドリルは、正しい体のねじり運動(コイリング)を感じるために行います。十分に身体が捻じれている感覚を体感しましょう。

1、腕とクラブシャフトを地面と水平に保ち、背筋を伸ばして椅子に座ります。
2、その姿勢から腕とクラブを水平を保ち、通常通りにテークバックを行います。

背筋を伸ばしたままダウンスイングを行うことで、ねじられた上半身が正しくもどってくることを確認し、身体に覚えさせます。

 

後方の人にクラブを渡すドリル

ダウンスイングでは腕と手は受身であって、積極的に動かさない方がいいです。下半身を積極的に使ってダウンスイングする感覚を身に付けます。
これには一人協力者が必要です。

1、自分がアドレスした場所の後方の1m以上離れた場所に一人立ってもらいます。
2、バックスイングのトップの位置から体重を左に移すことでクラブを渡すようにシャフト部分を持ってもらいます。
3、シャフトの部分をしっかり握ってもらって、ゆっくりダウンスイングを開始します。
4、ダウンスイングは体重を移すことで始動させている感覚を体感、体重移動でクラブが下りてくるような感じです。

 

腕を主体にスウィングして、体をその動きについて行かせるドリル

このドリルでは、肩、腕、手が正しい手順で動くことを実感します。

1、バックスイングを始め、トップでクラブを止めます。
2、上半身に集中して、リラックスしながら腕を急がずに下ろしましょう。
3、その腕の下ろす動きに下半身が自然に従ってついていくことを体感しましょう。

 

シャドードリル

影を使ったドリルです。体のセンターを中心に体を捻ってスウィングしましょう。

1、太陽を背に通常のバックスイングを行い、スイングが影の頭の輪郭上でおこなわれていることを確認していきます。
3、ダウンスイング開始時に影の頭の輪郭線より左に動かないことを確認しながら、スウェイなどしないようにします。

 

クロスハンドドリル

ゴルフの基本では右手、右腕、右肩は受身であることが大事です。

1、グリップの左右の手を逆に握ります。
2、こうすることで左手が主体となってバックスイングとダウンスイングが行われていることを実感できます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>