リバースピボット 逆軸スイングのことです。 

リバースピボットの定義:リバースピボットは体重移動が正しく行われないスイングです。

1、バックスイングで体重移動がボールの位置や左側で止まるスイングです。
2、ダウンスイングで体重移動がボールの位置や右側で止まるスイングです。

上記のようにリバースピボットになることで、上半身からダウンスイングが始まり、オーバーザトップなど様々なミスになります。

 

リバースピボット矯正方法

1、バックスイングで胸が十分に回転して、右足の内側か右足太ももの上にくるようにします。
2、頭を固定しなようにして、軸を意識して背骨と並行に動かしましょう。
3、トップでは左肩がボールの後ろに来るところまバックスイングし、十分な捻転をしましょう。
4、右足に体重が乗るように意識しましょう
5、左足に体重が移動したあとは、腰を回転させる動きからダウンスイングを始まっているようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>