フックの直し方のドリル

フックボールの定義:フックボールとは、インパクト時に目標線方向に対して、フェースが左を向いているため、ボールが飛び出した後に左へ曲がって行くことを言います。

フックボールはスライスに比べ距離が出やすいため、極端な曲がりはOBなど大きなミスに繋がりやすいので、強すぎる傾向の方はしっかりとポイントを押さえましょう。

 

ヘッドリリースドリル

よく頭をインパクトでは動かさないように指導されることが多いと思いますが、それも極端すぎるとミスを誘発する原因なります。

インパクトで頭を動かさないように注意しすぎて、肩の正しい回転ができず、フックさせるゴルファーが多いので、その気持ちを少し緩和させてみて、ボールがどのように飛ぶか確認してみましょう。

1、まず背骨の前傾角度を意識しましょう。
2、前傾角に注意しながら、背骨と頭を一緒に回転させます。軸が倒れたり、動かなければ頭は動いても問題ありません。

※肩の回転をスムーズにするために頭も一緒に回すようにします。(アニカソレンスタム選手が参考になります)

 

角材を使ってテークアウェイするドリル

バックスイングの開始時点でフックが出やすくなっている人がいます。自分のバックスイングがどちらの方向に向かって始まっているかを誰かにチェックしてもらいましょう。このドリルは、角材を置くことで自分一人でもミスが出やすい方向へのテークアウェイを防止する働きがあります。

1、フックが出ている時の普段のテークバックをしないようにします。
2、角材を右足のつま先の前まで後ろが来るようにセットしておきます。
3、クラブをソールさせずに角材にシャフトをつけてアドレスをとります。
4、そのまま各財に沿ってまっすぐクラブを引き、テークアウェイします。
5、右足のつま先を過ぎるまでテークアウェイをまっすぐに行ようにすればOKです。

※インサイドに引きすぎるテークアウェイを矯正する効果が角材を置くことで得られます。

バックスイングの開始初期にインサイドへ引きすぎるとオーバーザトップになりやすいので、フェースがインパクトで閉じやすく、プルフックになりやすいという傾向があります。

 

ウォークスルードリル

正しい腰の回転を身につける上でも有効なドリルです。スムーズなスイング中の動きを体感できる素晴らしいドリルだと思います。

1、通常のスウィングをし、インパクト後(なるべくヘッドが3時に行った後)に右足を目標方向へ一歩前へ出すようにします。。

※左足への体重移動を確実に行うことで正しい体重移動と回転が体感できます

 

ダブルパラレルドリル

スイングを2段階に分割して、スイングを確認するドリルです。

1、目標線と並行にクラブを置いておきます。
2、ミドルアイアンで通常のアドレスをとります。
3、アドレスの位置から置いたクラブと並行になる位置まで腕だけでクラブを上げます。
4、その位置で腕の動きを一旦止め、そこから普通にバックスイングを開始しスイングします。

※このドリルには身体の不要な手の動きを抑える効果があります。

 

両手バランスドリル

両手に一体感を持たせてスイングすることで、力みのないスムーズなスイングを行います。

1、右手を左手の少し下か、同じ位置でグリップしましょう。
2、そしてそのまま普通にスウィングします。

※右手が使いづらくなることで、両手のバランスが取りやすくなりスムーズなスイングが養われます。

両手のバランスを維持しながら手の方向を変えていき、強すぎる右手を抑えたスウィングを行います。

左手ウェッジドリル

左手だけの片手スイングは非常に難しく感じれると思いますが、次第に打てるようになればたくさんの気づきがあります。

1、サンドウェッジでアドレスを取り、普通のグリップで右手を離して右腰にあてがいます。
2、下半身でスイングをリードすることを意識して、ゆっくりとハーフスウィングします。

スウィング中の左手の役割を正しく理解することが大事です。急激にクラブを方向転換する全く必要ありません。

 

オーバーサイズグリップドリル

大きなサイズのグリップのクラブを振ることで、手の動きを抑えることができます。

 

右手トスドリル

右手でボールを投げることは初めは意外に難しいことです。新しいひらめきが起きることが多々あります。

1、クラブなしで通常のアドレスをとります。
2、左手は腰にあてがっておきます。
3、右手にボールを持ち、手や手首に余分な力を入れずにボールを目標方向へ投げることで方向性、距離感の練習になります。

※右手の正しい動きを覚えると劇的にアプローチがうまくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>