ピッチショットの打ち方 上げて止まるアプローチ

ピッチショットの定義としては、着地の後にボールの転がりがほとんどない弾道の高いアプローチのことを言います。

主にグリーンまでの距離がパッティングやチップショット(転がし)には離れてすぎている場合に行います。

簡単に言えばフルスイングのミニチュアです。
ロフトのあるクラブでのフルスイングもピッチショットよばれます。

フルスイングの場合を除き、通常よりクラブは短く持ち、左足体重でスタンスを狭くし、オープンスタンスで構えます。

両腕と両肩の間に三角形ができますが、この三角形を崩さないようワンピースでスイングします。

スイングリズムはゆったりと、急ぐとミスにつながります。
このとき、インパクトへ向いながら加速する動きは必要ありません。

スピンで止めるため、フォロースルーでフェースを返さないようにしましょう。
距離感は、時計の7時、8時、9時などとスイングの幅で決め、
けっしてインパクトの強さで加減しないようにします。

注意するべきはボールの落下地点です。

寄せる気持が強すぎて、グリーンの傾斜を忘れてはいけません。
グリーンに傾斜があれば、入射角と反射角の関係上、思わぬ方向へ転がったり、
勢いが着きすぎてしまうこともあります。

なるべく平坦な場所へボールを運ぶようにしたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>