バンカーショットの打ち方

通常のバンカーショット

1、スタンスは、オープンスタンスを取ります。
2、クラブフェースを少しオープンにして構えます。
3、ソールをうまく使ってトレーディングエッジ(バウンス)を打ち込むイメージを持ちます。
4、スイングの最下点をボールのの1個分後ろにクラブが入るようなイメージで、手と腕を目標方向に振り抜きます。ポイントはフェースの向きを変えずにスイングすることで、バックスピンをかけやすくします。

 

目玉状態のバンカー

1、フェースは開かずアドレスをとります。
2、ボールの位置は右足寄りに置き、スタンスを取ります。
3、スイングはいつも通りに行いますが、ボールの1.5個手前に鋭く打ち下ろす感じで打ち込みます。この切るような動きによってボールが上がることになりrます。

 

フェアウェイバンカー

フェアウェイバンカーではとにかくバンカーのあごの高さを超えるクラブを選択することが大切で、無理するとそれ以上のトラブルがおこります。

1、グリップを通常より半インチ短く握ります。
2、インパクトを通常のショットよりもボールの上部分をトップするようにインパクトします。普通に打とうとするとダフりやすくなりますので注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>