ドローボールの打ち方

ドローボールの定義:飛球線へ飛び出し、やや左へ曲がってボールが飛んでいくことです。


ドローボールは多くの人が憧れるショットの一つです。
ドローがなかなか打てないと嘆く方は、飛球の法則を理解すればドローも打つことが可能です。

ドローは、真っすぐに飛んで、左へ落ちるもの、右へ飛び出し左へ戻るものなどあります。多くは後者でしょう。
飛び出す方向はスイング軌道によって決定されます。

1、スイング軌道はインサイドアウトで打ちましょう。
クラブを1時方向へ振りぬく意識があれば出やすいです。

2、フェースをインパクトでは左を向いているようにする。そうすることで左への回転がかかりますので、ボールが後に左へまがります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>