チップショット 転がすアプローチ

チップショットとはグリーンまでの距離を転がして運ぶ、低弾道のランニングショットです。

ボールを上げるよりも転がしたほうが予測しやすく、ミスが減り安全と言えます。

グリーンまでの距離を十分につかない場合はロフトのあるクラブで、
グリーン周りで正常に転がらない場合もチップショットを使います。

グリップは短くし、ピッチショットよりも左足体重で、スタンスは狭くオープンスタンスを取ります。

そして両腕の三角形を崩さないようスイングします。

グリーンエッジを超えるためのショットなので、
ボールの着地点をしっかりと決める必要があります。

クラブによってボールが落下してから転がる距離は違いますので、
大体の転がる距離を以下に記載します。

このショットはプレッシャーの大きいショットの場合が多く、
バックスイングだけでなく、どこまでクラブを振るか振り幅をしっかり決めることが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>