スライスの原因がアドレスにある場合

スライスの原因はスイングだけに限りません。アドレスの間違いが意外に多く、注意が必要です。

原因1

グリップで右手がウィークグリップ、人差し指と親指の間に出来るV字が顎の左側を指して手のひらでクラブを握っていることが多々見られます。

直し方


1、グリップは両手の指の付け根に沿えるように、手のひらではなく指でグリップします。指の間のV字は右耳と右肩の間を指すようにします。

 

原因2


2、ボールの位置がスタンス幅より左に置かれていることで、肩が開きやすくスイング起動がアウトサイドインになりやすい。

直し方

ボールの位置をスタンス内の左より置くようにします。そして、目のラインと肩のラインを目標線と並行にします。

 

原因3

アライメントが開いている場合もありますので、これにより更にスライスしやすい状況ができていることになります。結果、上半身からスイングをしてしまうオーバーザトップというミスを起こしやすくなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>