シャンクの原因

ミスショットには、セットアップ上のミスとスイング上のミスがあります。

シャンクとは、
クラブのホーゼル(ネック)部分がボールに当たってしまうことを言います。

セットアップ上の問題

原因1スタンス位置がボールに近すぎる。

矯正方法

腕を肩から自然に垂らした位置でグリップし、体とグリップエンドとの間にこぶし1個分から2個分の間隔をあけて構える。要するに正しいポスチャ―を取るようにする。

原因2目標線に対して両肩が開いている。(肩がオープン)

矯正方法

肩のラインを目標線と平行にして構える。

原因3腕と手の緊張が強すぎる。

矯正方法

腕とグリップの緊張を解き、必要以上に力を入れすぎない。

原因4つま先に体重がかかり過ぎているため、インパクトゾーンでクラブヘッドが目標線のアウトサイドから入っている。

矯正方法

スイング全体を通じて、かかと寄りに体重をかけるようにする。

スイング上の問題

原因1腕の緊張が強すぎて、クラブのリリースが出来ない。

矯正方法

腕の緊張を解いて、クラブヘッドの重みを感じながらスイングする。

原因2スイング軌道がアウトサイドインになっていて、ホーゼル(ネック)にボールが当たる。

矯正方法

インパクトゾーンでクラブが目標線を通るようにスイングの軌道を修正する。
インパクトゾーン外側に10cmほどの板などの障害物を置いて、その内側でスイングするようにする。

原因3インサイドアウトの軌道のため、、ホーゼル(ネック)にボールが当たる。

矯正方法

ショット全体を通じて体を左右に動かすの(スウェイ)ではなく、体を回転させるようにする。

スイング全体を通じて体重配分などに注意し、体を回転させるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>