キャスティングというミス

キャスティングはダフリの原因になりますし、ダフリを嫌がって逆にトップにもなります。

ダフりやトップは結果は違っても、原因をつきつめると同じ場合がります。

ダウンスイングでコックが解けた場合、この状態でインパクトしても強いボールは打てません。
すでにバックスイングで貯めたパワーが失われているからです。

シャフトはしなるのでそのしなりを活かすため、グリップをコックをほどかずにアドレスの位置まで戻す必要があり、
そうすることで最大のパワーでインパクトを迎えることが可能になります。

プロのスイングでは、体がアドレスに戻りかけているとき、
コックが大きく、グリップは元の位置、ヘッドはまだ9時くらいにあったりしますので、
一度スイングチェックしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>