よくあるアドレスの問題

セットアップ上の問題

左手のウィークグリップ

結果、ウィークグリップはフェードやスライスになりやすい。

直し方

親指:グリップ中心のやや右に位置

V字:指の間のV字は右肩と右耳の間を指す

バックライン:人差し指第二関節と小指の付け根の間を通るように。

右手のパームグリップ

結果、右手のコントロールが強すぎる傾向

直し方

右手は中指と薬指で握るようにし、右手の生命線で左手親指を包み込むようにする。

アライメントやボールの位置

結果、ここに問題があると、打球にバラつきが出る。

直し方

体のライン(スタンス、肩)を目標線と並行にする。

左足カカトとスタンス中央の間にボールをセット。

力感のないだらっとしたポスチャー(構え)

結果、ダフリやトップになる。

直し方

クラブのグリップを後頭部に、シャフトは背中にあてがって、
背筋がまっすぐ伸びていることを確認、そのまま前傾を作ってアドレスする。

投稿ナビゲーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>